宇都宮病院からの挨拶です。

【ここから本文】

医療法人 至誠堂 宇都宮病院

ご挨拶

医療機器の進歩はあっても、"医は仁術"地域医療に貢献するために、スタッフ一同日々研鑽を忘れず、初心にもどり、研修致しております。また、万一の急患対応、皆様のホームドクターとして、早期発見、早期治療により万全を期したいと願っています。特に高齢者を抱えておられる方は、少しでも異変があったらすぐにご連絡下さい。
又当院では自然に囲まれた病院の周辺環境も大切にしたいと考え、2001年環境に関する国際規格『ISO14001』の認証を取得し、現在も自主的な取り組みを行っています。

わが病院の環境保護への取り組み
当院では、治療に用いた注射器やガーゼなどの医療廃棄物管理を強化し、適正に処分しています。
患者様の状態把握やNSTの取り組みを通じて残食量を削減したり、水道や電気の使用料削減にも取り組んでいます。

理事長 宇都宮 至

地域においての当院の役割として

外来

循環器・消化器・呼吸器等内科専門分野の充実によるの診断・治療、また急性期疾患の急性期医療機関への円滑な紹介・逆紹介を行います。
さらに、一般内科に関しては、生活習慣病(高血圧・高脂血症・糖尿病など)へのアプローチとして、薬による加療に止まらず生活習慣を見直す為に、食事療法・運動療法等指導での予防・治療案を提供します。
在宅医療に関しては、地域連携室を中心に病病・病診連携・福祉等への連携の充実、訪問(診察・看護・理学療法・栄養指導・言語療法等)を充実し地域ニーズに対応します。

病棟

患者様にとって病院とは、治療に専念出来る場でありまた、生活の場(快適な安らぎの場)でもあります。常に社会復帰・自宅復帰を目的に置いた看護・介護を行います。
また、患者様の健康増進の為、薬だけに頼らず人間が本来持つ「自然治癒力」を引き出すための研究・支援を行う栄養サポートチームを造り健康管理の充実をはかります。
最後に、患者様の人権を尊重し思いやりのあるケア実践の為、「抑制廃止」を宣言し、この運動を地域に広げるよう努力します。

【本文ここまで】
メニューに戻る

(C)UTSUNOMIYA HOSPITAL.All Rights Reserved.